プレマームは顔にも使える?

プレマームは顔にも使える?

プレマームは、独自に開発されたスリースポット方式で肌を保湿するとともに不足している栄養成分を補給することによって、肉割れや妊娠線を予防したり目立たなくすることができるという美容クリームです。

 

無添加処方なので、トラブルを起こしやすい敏感肌の人でも安心して使うことができますが、お腹とかお尻だけではなくて顔に使っても大丈夫なのでしょうか?

 

プレマームの有効成分は?

プレマームには、たくさんの保湿成分や美容成分が配合されています。
その中にはヒアルロン酸やコラーゲンなど、顔のスキンケアでも活躍してくれる優秀な成分がたくさんあります。

 

オレンジの爽やかな柑橘系の香りで癒されながら使うことができるプレマームは、顔に使っても成分的には問題はありません。
もしも顔の乾燥がとても気になるという人なら、プレマームを顔に使うという方法もアリではないでしょうか。

 

 

 

気を付けたいのは使用感

プレマームを顔に使う場合には、気を付けたい点があります。
それは使用感です。

 

プレマームは、お腹やお尻などに使っても、薄くて伸びが良いという口コミがある反面、ベタツキが気になるという声も少なくありません。

 

そのため、顔につける際には、このベタツキには注意したほうが良いでしょう。

 

ベタベタすると言っても肌に閉塞感や圧迫感が出るわけではないため、顔にプレマームを付けるとトラブルが起こるというわけではありません。

 

しかし、ベタベタが気になる人だと、プレマームの後にメイクをする際に少しだけ手間がかかるかもしれませんし、ベタベタが気になったまま一日を過ごさなければいけないかもしれません。

 

そのため、もしもプレマームを顔に使うなら、まずは夜だけの使用から始めましょう。

 

お風呂上りなら毛穴が開いていますし、成分が肌の内側に浸透しやすい状態になっているので、プレマームのベタ付きもそれほど気にならないのではないでしょうか。

 

まずは夜のみの使用で肌にならしたうえで、朝の使用にはどのぐらいの量を使うのが良いのか、という点を考えると良いでしょう。

 

 

 

口コミでは顔への使用も多い

プレマームの口コミを見ると、妊娠線や肉割れが気になる部分だけではなく、顔も含めた全身に塗っているという人もたくさんいます。

全身が乾燥しやすい私は、お風呂上りに全身に塗っています。
肌に程よい艶が出るし、シットリするので、とても気に入ってます。

最初はボディだけでしたが、一度顔に少しだけ塗ったらお肌がぷりぷりになったので、それからは顔にも塗ってます。
べた付かないポイントは、少量を手のひらで温めてから顔に乗せるという点です。

 

⇒【500名限定】プレマーム初回限定特別価格73%OFFは公式サイトだけ!